バイオロギング

当社のバイオロギングへの取り組み

バイオロギングは、直接観察できない生物の行動を把握するための技術です。このような技術は、生物がどのような環境を好むのか、またはどの環境条件がその生物の行動に影響しているのかを把握する上で重要となります。

現在は、この取り組みを通じて、海洋動物の視点で海洋環境や海洋生態系を理解し、沿岸域の開発・利用・保全等に役立てるよう技術を開発しています。

バイオロギングとは
近年、生態系サービスや生態系の保全の観点から、動物の行動パターンを知る技術としてバイオロギングが注目されています。
バイオロギングとは、対象動物そのものに各種の環境計測機器を取り付け、動物の行動や海洋環境に関するデータ・情報を収集する技術で、取得されたデータを解析することによって、対象動物の行動パターンを把握し、場の利用目的(産卵、摂餌、安息場)を把握することができます。さらに水温、塩分等の海洋環境をロガーで計測することで、「生息環境」や「生物の潜在的な適応能力」を、動物の視点から海洋環境を総合的に理解するのに有効な手段です(調査項目:深度、水温、塩分、摂餌行動)。
また、日本が独自に開発した世界最先端システム科学であり、新しい学問領域を生み出す手法として、世界的な広まりを見せています。
バイオロギングのイメージ
最近のバイオロギング事情
最近では、小型且つ記憶容量の大きなセンサーが開発(写真1)されており、深度、水温、速度・加速度、動画・画像等の多様な情報が得られるようになっています。
そのため、近年では蝟集場所や摂餌行動の把握が詳細に知ることができるようになりました。
 
バイオロギングの課題
・対象動物への取り付け、放流後の装置の回収
・小型センサーが開発されているものの、魚類に装着する場合、体長50cm程度の個体を対象とする必要(写真2)があり、対象魚類が限られる。
・バイオロギングだけでは位置情報が把握しにくい(ピンガー追跡と同時に使用すれば解消できる
データロガー(加速度センサー)
魚類への装着