新たな環境分析技術の紹介 ー環境DNA分析、マイクロプラスチック分析ー

新たな環境分析技術として、環境DNA分析、定量PCR法、マイクロサテライトDNA分析およびマイクロプラスチックの分析を紹介いたします。

 

【環境DNA分析】
~簡単に生物の有無を調べてみませんか?~
水中、泥中のDNAを調べ、生物の有無を調べる方法です。
魚類調査のような網の設置などの手間がなく、水や泥を採取するだけで済むため、従来の方法に代わる簡便な手法として着目されています。
リーフレット[環境DNA](PDF)≫

1_.png


【定量PCR法】
~DNAで生物量を調べませんか?~
種特異的なシステムを構築し、DNA量を分析することで、試料中に含まれる対象種の有無及び生物量を把握する方法です。
リーフレット[定量PCR法](PDF)≫

2_PCR.png

【マイクロサテライトDNA分析】
~生態系保全のため、地域間の差を調べてみませんか?~
同⼀種であっても、遺伝⼦的な隔離が起こっていることがあります。地点ごとに遺伝的に独⽴しているか、あるいは交雑が起きているかを調べる方法です。
リーフレット[マイクロサテライトDNA分析](PDF)≫



【マイクロプラスチック定性・定量分析】

近年、海⽔中を漂う微細なプラスチックが海洋環境や⽣態系に与える影響が問題視されています。
採⽔・ネット採集試料、採泥試料、動物の消化管などからプラスチック粒⼦を検出します。
リーフレット[マイクロプラスチック定性・定量分析](PDF)≫

3_FTIR.png