海洋再生エネルギー研究所

ごあいさつ

海洋再生エネルギー研究所所長 中田 英昭

 

地球温暖化の抑止に向けた取り組みが国内外で進められている中で、化石エネルギーに代わる再生可能な海洋エネルギー資源への期待が大きくなっています。とくに洋上風力発電は、低炭素電力の主力として欧州等でめざましく進展しており、日本でも関連の動きが活発になってきました。

エネルギー資源に乏しい日本にとって、海洋の潜在的なエネルギーを開発し地域の活性化等に有効に活用していくことは重要な課題であり、海洋の環境や生態系、生物資源等と将来にわたって共存できる海洋エネルギー開発の基盤を作っていくことが必要です。

海洋を含む地球環境やエネルギー資源の持続性を高めることは、国連の持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals: SDGs)の重要な項目として取り上げられています。私たち海洋再生エネルギー研究所は、漁業、養殖業をはじめ各方面で海洋を利用している方々と協議しながら、事業計画の準備や事前調査、環境アセスメント、モニタリング等のお手伝いをすることによって、海洋の再生可能エネルギー資源の利用やSDGsの達成に貢献してまいります。