海辺のまちづくり研究所

海の多様な資質を資源化し、地域の経済的活性化とそこに住む人々に「夢」と「希望」と「誇り」を育むことが海辺のまちづくり研究所の大きな目的です。

ごあいさつ

海辺のまちづくり研究所所長 近藤 健雄

 わが国は国土の70%が急峻な山岳地帯で、居住地はわずか30%にすぎません。それ故、多くのまちは自然環境が豊かな海辺に立地しております。視点を変えると、私達はそれだけ過酷な自然環境の中で生活を営んでいるのです。
 また、近年の超少子高齢化の流れは、地方のまちほど深刻な問題となっております。最早、定住人口の増加は期待できないので、これからの新しい海辺のまちづくりは、新たな視点で入込人口を増加させなければなりません。特に、海水浴客でにぎわった浜、みなと(港湾・漁港)があるのに有効に活かされていないまち、美味しい魚があるのに知名度が低いまち、神社仏閣などの歴史遺産があるのに有効に活かされていないまちの皆さん、気軽にご相談してください。経験豊かな専門家がアドバイスを致します。

ソリューション、サービスに関するお問い合わせ

三洋テクノマリン株式会社へお気軽にお問い合わせください。